SponsoredLink
<< 国民年金の給付 | main |

スポンサーサイト

  • 2008.06.12 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


年金付け替え不正受給:被告、起訴事実認める


宙に浮いた別人の年金記録を同姓同名の実父の記録に統合、年金約70万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われた元愛知社会保険事務局職員、服部達郎被告(53)に対する初公判が9日、名古屋地裁で開かれた。服部被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。

毎日JPhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080610-00000103-mailo-l23

91年、相談者からの依頼で服部姓の記録を調査中、父親と同姓同名の別人の男性の被保険者記録を発見。生年月日を不正に訂正して46カ月分の記録を父親の記録に統合し、老齢年金と遺族年金の計約310万円をだまし取ったということ。

そして、だまし取った年金は、借金返済やフィリピンパブでの遊興費などに使っていたといこと。まったく許せませんね。

まさに「なりすまし」です。こういう人がいるから政府も情報の公開を渋っているようですね。確かに許せないし、あってはいけないことです。ただ、このような一部の人を恐れて大部分の善意の方に必要な情報がいかないのもどうかと思いますが・・・

年金が足りない!
自分で年金と作りたい!

という方はコチラをどうぞ!↓↓
保険のカンタン資料請求なら保険市場

スポンサーサイト

  • 2008.06.12 Thursday
  • -
  • 06:34
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック