SponsoredLink
<< 時効分の年金、145人に支給へ…最高額は541万円 | main | 厚生年金未納対策へ制度改正、自民が検討 >>

スポンサーサイト

  • 2008.06.12 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


厚生年金(老齢)をもらうには?


65歳になって厚生年金をもらうには条件があります。

まず一つは国民年金(老齢)をもらう資格があること。
もう一つは厚生年金の被保険者であった期間が1月以上あることです。

つまり国民年金がもらえないと2階部分の厚生年金までもらえなくなってしまうということです。注意が必要ですね。

また、今回の条件は65歳からもらう老齢厚生年金のものであり、老齢の厚生年金には、他に60歳台前半の老齢厚生年金があります。

60歳〜65歳までは、生年月日に応じて60歳代前半の老齢がもらえます。生年月日に応じて段階的に支給開始時期が遅くなり、昭和36年4月2日以降生まれの方はもらえなくなります。(女性は41年4月2日以降生まれ)

スポンサーサイト

  • 2008.06.12 Thursday
  • -
  • 15:18
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック