SponsoredLink
<< 該当者不明5千万件、氏名記載ない年金記録も…政府答弁書 | main | 国民年金(老齢)をもらうには? >>

スポンサーサイト

  • 2008.06.12 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


初日は382件=年金記録地方第三者委への申し立て

社会保険庁は17日、全国の社会保険事務所と年金相談センターで受け付けを始めた「年金記録確認地方第三者委員会」への審査申し立てが、初日の同日は382件あったと発表した。内訳は、厚生年金で187件、国民年金で195件。
 地域別では、東京都が最も多く55件、次いで兵庫県24件、京都府21件などとなっている。 

7月17日 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070718-00000005-jij-pol
このブログで何回が触れていますが、第三者委員会へ審査の申し立ては、すぐにできるわけではありません。まず、社会保険事務所で年金記録の有無の確認を行う必要があります。

その結果、記録が残っていないことを示す「記録不存在」の回答書が出てはじめて申立てができます。よってその間1〜2ヶ月間かかる場合もあります。この部分をもっと報道して欲しいですね。

スポンサーサイト

  • 2008.06.12 Thursday
  • -
  • 23:13
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM